草取りを丁寧に行ない美しいバラを咲かす|自分の目で花を選ぶ

如雨露

野菜の種や苗も購入できる

菜園

野菜の種や苗を購入する場合も、ガーデニング商品を取扱う通販サイトを活用するとすぐに購入できます。時期を問わず作れる野菜もあるため、初めてガーデニングを行う人はそのような野菜を作るといいでしょう。

もっと見る

取り扱い注意

ガーデニング

球根科の植物は種類があり、育成方法、水やりの方法、植え方、育て方全てが異なります。植える時期が影響する植物も多いので、育てるのに相応しい時期に育成を始めましょう。

もっと見る

植え付けのタイミング

フラワー

球根化植物は根っ子や茎の一部が変化したものであり、栄養を貯蔵している箇所でもあります。そのため、生命力が強く、植え付けるタイミングをミスしなければ育てやすいのが特徴です。

もっと見る

きれいな花を咲かせる

植物

どんな種類があるでしょう

バラを選ぶ際に、重要なのが樹形です。初心者は、花の形や色で選びがちですが、樹としてバラ見て選ぶ視点も大切です。バラの樹形は、大きく4つに分類されます。ブッシュ系、シュラブ系、ランブラー系、クライミング系です。ブッシュ系は、枝が自立するタイプです。ブッシュ・ローズや木バラなどと呼ばれます。ハイブリッドティーやフロリバンダなどの品種があります。シュラブ系は枝がこんもりと密集して広がったり、しだれたりするタイプです。半つる性ローズとも呼ばれます。ランブラー系とクライミング系は、つる性のバラです。つるバラと呼ばれます。支柱などに固定して支えると、フェンスにそわせたり、壁をはわせたりすることができます。

バラの手入れ方法とは

バラの栽培で大切なのは、草取りです。草取りがうまくできれば、きれいな花を楽しむことができます。バラは草取りしないと花が咲かないとも言われており、いつ、どこを切るかを知ることがとても重要です。原則的には「頂芽優勢」で行います。これは他の植物についてもいえることですが、植物の茎の先端には頂芽という芽があります。この頂芽が最優先されるという意味なのです。茎の下部には、側芽やわき芽がありますが、これらよりも頂芽を優先する考え方です。大きな花を咲かせたいなら、頂芽を残して他の側芽を草取りします。花をたくさん咲かせたいなら、分岐した枝を残して頂芽の数を多くします。さらに夏場は樹が疲れるので花を摘み取るとよいです。